Top

ぱん焼き記録。
by 10305K
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  マルサンパントリー
  北海道のめぐみ
  572310.com 楽天店
  ホームメイドショップKIKUYA
  馬嶋屋菓子道具店
 
   yomikikase

  ブログランキング・にほんブログ村へ
  


 --------------------------------

 リンクはご自由にどうぞ。
 報告は不要です。
 報告大歓迎

 コメント 大変喜びます^^
2011 酒粕酵母の記録
1年に一度のお楽しみ?
ようやく、新しい酒粕を買ってきた。
この酒粕を使うのは2回目。
1回目(2009年)は、川越へ行けば、2月でも「新酒粕あります」って張り紙してあったから、
3月にもう一袋買い足ししようか?なんて思って買わなかった。
2010年は、酒粕の出回る時期に川越へ立ち寄るチャンスがなく、買うことができなかった。
(というか、混んでて街中へ入っていく勇気が出ないだけ。)
2010年、そろそろ師走という頃に、これまた半年~1年に一度の″お楽しみ”、
というか”贅沢”で包丁を研いでもらうた為、川越へ立ち寄ったら、”新酒粕”売ってる。
(職業柄?(主婦)、道具は自分で手入れすべし、と日頃は自分で研ぎ、年に1度だけプロにお願いしている。)
しかし、この時はホシノフランス種を使おうと思っていたときだったから、
包丁が研ぎあがる年明けまで我慢することにした。
2011年 年明けて、研ぎあがった包丁を受け取りに行く。一緒に「酒粕」も。
そしたら、1軒目、「売れきれ!」の張り紙。2軒目、ありました!ホッ。
酒が飲めぬワタシでも、この新酒粕の香りは、フルーティないい香りがします。
あんまり匂い嗅ぐと酔っ払いそうなのでほどほどにします。

酒粕 ¥550/1袋(500g)
a0169304_1119218.jpg

2010年の夏には、ほぼスッカラカンの酒粕酵母液種。
底から1cmもないくらいだけ残して、冷蔵庫の一番奥に放置状態の酒粕酵母液種用瓶に、
約50gの酒粕をちぎって入れて、水約200gを注ぐ。(毎年一緒。)詳しく⇒2010年酒粕酵母の記録
室温は約20℃、約1日放置。(途中、瓶の蓋開けて空気入れたりして)
a0169304_11192943.jpg

今年もきめ細かな勢いのいい液種完成。
[PR]
by 10305K | 2011-02-02 12:40 | 酵母 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://techoo.exblog.jp/tb/12038678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bon-amulet at 2011-02-02 20:45
泡がきれいですね。生きてるって感じがします。

川越の包丁研ぎってまちかんさんでしょうか?
切れる包丁って料理する気が湧きますよね。
Commented by 10305K at 2011-02-03 07:23
bon-amuletさんへ。
おはようございます^^
酵母の泡が綺麗にたつと、ほっとしますね。酵母が生き返った感じがしました。

あ、そーですよ~^^有名ですよね。
まだ、数年のお付き合いですが、まだ、ここで刃物を買ったことありません。クープ用に1本狙っているんですけどねぇ。

ただ今、切れが良すぎて、手先をよく負傷してます(笑)

<< 山食ぱん(新酒粕の元種) ホテルブレッド風山食ぱん(中種... >>


最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧